秋の女性不妊飲食は7項の美顔生花のお粥を食べて

2017-05-31

p> <花美容の功誰でも知っている、多くのおしゃれな女性を好きに使って天然成分が含まれている友達に花のスキンケア製品は、実は、食用花も1種の健康美容の良い方法、次小編みんなに推薦する数式花お粥を食べような美しい花.

1、菊のかゆ

菊をキク科の多年草頭状花序、含有アデニン、アミノ酸、コリン,女性不妊、水ソアルカリやビタミンなどの物質.菊のお粥とっくに医に使って、《神農本草経』を上品に列、謂“久しく従って利血気、駐色、単身で、耐老」.

霜降:霜降前には菊を採っ、干し、日干しには、うるち米50—100グラムで雑炊、かゆは菊の10 1 15グラムにして、また1種を煮ても1種を煮ることができます.菊の花の匂い香り、涼しく快適、テリアメートルをお粥、借りメートル谷之性で助薬効、『慈山粥」菊のお粥养肝血、悦色.美容の艷体、抗老化防止.

p2、梅梅花

ウメ、バラ科の落葉高木梅のつぼみ、多種の揮発油とビタミンを含んでいます.効能が気持ちいい解鬱、美容艷体.先にうるち米50~100グラムを煮ておかゆをかゆにして、梅の10グラムに入って、同じに煮て2することができます.梅のお粥芳馨食味だけでなく、人を刺激して、まだ駐色美容,ダイエット延寿.

P3、蓮の花粥

p>のハスの花は香り<痰を取り除き、清暑寧神の役割.『ロシュが約医鏡』でハスの純粋な心の益の腎臓、髪の毛は黒、駐色は、町の益の息、心驻颜身軽に美容薬食上物.

制作:ハスの花が満開の時,その花びらみじん切り予備乾燥採取.1メートル100グラムで粥を煮て、熟した時、ハスの花の10—15グラムを入れて、煮て2することができて.ふだん着ハスのかゆ、顔色がつやつやして顔色がつやつやしている、皮膚を滑らかにし、老化.

Copyright© 2012-2013 女性不妊改善方法大公開 All Rights Reserved.